鳥取県新型コロナウイルス対策非接触型面会支援事業補助金

高齢者施設については、こちらにお問い合わせください。
鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局長寿社会課
0857-26-7175

医療機関における非接触型の面会対応に必要な設備整備等に対する支援を行い、新型コロナウイルスの感染予防対策を講じながら、入院患者と家族等が安心して面会できる環境整備を推進します。

 

鳥取県新型コロナウイルス対策非接触型面会支援事業補助金交付要綱 (pdf:254KB)

事務手続き (pdf:266KB)

Q&A(オンライン面会)(pdf:735KB)

Q&A(面会室)(pdf:360KB)

  

対象施設(医療機関)

病院、有床診療所、有床助産所

※全床休床中の医療機関は除く。


補助事業及び補助対象経費

(1)新型コロナウイルス対策オンライン面会支援事業

※オンライン面会の実施について、ホームページで案内するなど利用者、家族等に周知することが必要です。

(購入)

・タブレット端末・スマートフォン等のハードウェア、ソフトウェア、マイク・ヘッドフォン等の購入費、Wi-Fi 環境を整備するために必要な経費(配線工事、モデム・ルーター、アクセスポイント、システム管理サーバー、ネットワーク構築など)、施設内にオンライン面会コーナーを設ける場合にはパーテーション設置費等、オンライン面会を実施するために必要な経費(消費税及び地方消費税は除く。)

(リース)

・上記補助対象経費に対応した経費(消費税及び地方消費税は除く。)

※申請年度に支出する経費に限る。

 

(2)非接触型家族面会室の整備等経費支援事業

・2方向から出入りできる非接触型家族面会室の設置の他、家族面会室の複数設置や拡張、家族面会室における簡易陰圧装置・換気設備の設置、家族面会室の入口に消毒等を行う玄関室の設置、家族面会室が無い場合の新規整備等を行うために必要な備品購入費、工事費又は工事請負費及び工事事務費(工事施工のため直接必要な事務に要する費用であって、旅費、消耗品費、通信運搬費、印刷製本費及び、設計監督料等をいい、その額は工事費又は工事請負費の2.6%を限度額とする。)ただし、工事費又は工事請負費には、これと同等と認められる委託費及び分担金及び適当と認められる購入費等を含む。


補助率

10分の10

【補助限度額】

(1)新型コロナウイルス対策オンライン面会支援事業 1施設当たり50万円

※ただし、1階建て20万円、2階建て40万円、3階建て以上50万円を上限とする。

(2)非接触型家族面会室の整備等経費支援事業 1施設当たり350万円


申請手続き

法人単位で申請を行っていただくようお願いします。

【交付申請】

○提出書類

○提出期限

令和4年8月31日(水)まで

 


【実績報告】

○提出書類

※新型コロナウイルス対策オンライン面会支援事業の場合

  • オンライン面会の実施を利用者や家族に周知したことがわかる資料(チラシやHPを印刷したもの等)

○提出期限

事業完了から30日以内、または令和5年4月20日のいずれか早い時期

 


【支払関係】

県に債権者登録をされていない場合は、口座振込依頼書を提出してください。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 福祉保健部 健康医療局 医療政策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71730857-26-7173
         ファクシミリ  0857-21-3048
    E-mail  iryouseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000