県外にお住まいの方へ

 このページでは、鳥取県以外にお住まいの方向けに、関心が高いと思われる情報をテーマ別にまとめて掲載しています。

  

 

観光おすすめ動画

蟹取県のカニの魅力が満載♪【松葉がに編】

カニの水揚量、購入数量日本一の蟹取県!蟹取県の松葉がにの魅力をお届けします。蟹取県ウェルカニキャンペーンを9月~2月に実施中!旬のカニが当たります。https://www.pref.tottori.lg.jp/259595.htm 「ダイジェスト」、「ベニズワイガニ編」もあります:ダイジェストはこちら→https://youtu.be/cNPvYnqT86k ベニズワイガニ編はこちら→https://youtu.be/kDPLvEPlnQA

自然のアート ~山陰海岸ジオパーク 鳥取砂丘・浦富海岸~

悠久の歳月が生み出した自然のアート「山陰海岸ジオパーク」は、見る時間、角度、距離によってさまざまな表情を見せ、いつも私たちを楽しませ、また驚かせてくれます。山陰海岸ジオパークの自然は、歩いたり、自転車やカヌーに乗るなどさまざまな方法で体感し、楽しむことができます。ジオパークの魅力がいっぱいのホームページはこちら→http://sanin-geo.jp/
  

 

 

いいね!鳥取おすすめ動画

【体感!弥生時代】甦る弥生の国邑 妻木晩田遺跡

むきばんだ史跡公園の魅力を15秒にギュッと凝縮しました。名峰大山のふもとに位置する日本最大級の弥生時代集落跡、妻木晩田遺跡。ここに弥生の村をまるごと再現。豊かな自然、雄大な景色を背景に、弥生時代を体感できるフィールドミュージアム、鳥取県立むきばんだ史跡公園に行ってみよう!! ▼フルバージョン(60秒版):https://youtu.be/1LnPfhx9MKo ▼とっとり弥生の王国プロモーション動画Vol.2:https://youtu.be/-ykureixlhY

「豊かさの価値」とは ~コロナ後の社会を見据え、これからの鳥取の暮らしを考える~ (鳥取県×日本財団共同プロジェクトシンポジウム)

「暮らし日本一鳥取県」を目指した鳥取県×日本財団共同プロジェクトの取組を振り返りつつ、改めて鳥取県における暮らし、ポストコロナを見据えた豊かさの価値を見つめ直し、これからの鳥取について考えるシンポジウムを開催しました。鳥取県×日本財団共同プロジェクト ⇒ http://totnf.jp/

 

 

 

食のみやこ おすすめ動画

魚の達人が女子高生にサバ料理を伝授!『とっとり魚乙女塾シーズン4』第3回!

鳥取の魚の達人が、優しく丁寧に魚さばきのコツや料理を伝授するシリーズ。 シーズン4の第3回目は、境港総合技術高校の学生に、サバの『ぎょうざ』と『ホイル焼き』の2品を伝授します。 今回使用する「サバ」は、境漁港で水揚げされたマサバです。マサバは生活習慣病の予防に良いとされるEPA、DHAが豊富に含まれています。 大型のものほど脂がのっており、境漁港のマサバは秋に脂が多くなります。 今回の講師は、境港水産物直売センターの「さんまき漁協直売店」の職員です。 境港水産物直売センターは、境漁港に隣接しており、直売店が13店舗、レストランが1店舗営業しています。 境港水産物直売センターはコチラ→http://www.sanmaki-direct.jp/shops.html

魚の達人が女子大生にヒラメ料理を伝授!『とっとり魚乙女塾シーズン4』第2回!

鳥取の魚の達人が、優しく丁寧に魚さばきのコツや料理を伝授するシリーズ。 シーズン4の第2回目は、鳥取環境大学の学生に、ヒラメの『手まり寿司』と『カツレツ』の2品を伝授します。今回使用する「陸上養殖ヒラメ」は、湯梨浜振興合同会社が鳥取県中部の泊漁港で養殖しています。地下海水をくみ上げて養殖しているため、寄生虫がつきにくく、安心してお刺身で食べられます。 陸上養殖ヒラメは、鳥取県東部のスーパー「サンマート」等で販売されています。 『海の駅とまり湯梨浜振興』のホームページはコチラ→http://www.yurihamashinko.com/

 

 

 


最後に本ページの担当課    鳥取県庁
〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目 220
  電話 0857-26-71110857-26-7111
  ファクシミリ 0857-26-8111
  担当所属連絡先一覧

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000