日野ごよみ

日野郡の必見情報

このページでは、日野振興センターの職員が日野郡内のイベントや旬な情報、実際体験したこと、お得な必見情報などを皆さんへお届けしています!

皆さんからの情報もお待ちしています!

【日野ごよみ】でメールしてください。

hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

2016年11月2日

そば道場たたらやの「たたらんち」を御紹介します。

かつて、日野郡で盛んだった「たたら製鉄」。
たたらを炎や鉄板を使って和・洋・中の料理で表現した「日野郡3町三色たたらんち」が、今、話題になっています。 

今回は、「たたらんち」の和食を担当する「そば道場たたらや」の“たたら鉄板焼き蕎麦御膳”を御紹介します。
このランチは、鉄板そば、せいろ蒸し大山おこわ、そば刺し、じゃぶ汁の4品から成る御膳です。


 
まず、そば刺しです。焼きネギ、わさび醤油、塩などお好みで。
きめ細やかなそばのつるつるとした食感が楽しめます。



日野の郷土料理じゃぶ汁です。じゃぶじゃぶと具材を入れることから「じゃぶ汁」という名前になったという説があります。
日野の水車で洗って皮むきをした里芋、地元の豆腐と揚げ、にんじんや大根、ゴボウなどの日野周辺の野菜、蒟蒻、鶏肉などをお澄ましにしたものです。この日は、味噌仕立てになっていました。


  
鉄板そばは、トマトを練り込んだ太めの蕎麦に、牛肉の佃煮、錦糸卵などが載っている料理で、蕎麦つゆを掛けると、熱々の鉄板から「ジュー」という音と湯気が立ち上ります。
たたらやのそばつゆは、厚い鰹節を何時間も煮立てた出汁と、瓶で何か月も寝かせたかえしを合わせたもので、奥深く濃厚なお味です。


 
せいろ蒸し大山おこわは、この日は、地元で採れた栗、銀杏、軽く焼いた鶏肉、などたっぷりの具材が入っていました。
「たたらや」さん曰く、地元の山で栗を拾うところから始まり、栗や野菜を下ごしらえしたりと、仕込みに5時間くらいかかるそうです。



この日は地元の方の他、「たたらんち」を味わうために県外から来られたお客様で賑わっていました。

「そばが工夫されていて、いろいろな味が楽しめました。」
「特に鉄板そばが意外性があって美味しかったです。」
「そば嫌いだったのに、全部美味しく食べられました。」など、たいへん好評でした。




今回紹介した「そば道場たたらや」を含め、「たたらんち」のテスト販売(500円)は大好評で、当初の予定数を完売する店舗が続出しています。

そこで、11月30日までは価格設定を変更して提供されることになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pref.tottori.lg.jp/item/1051024.htm#moduleid302220
     



   



日野振興局 2016/11/02

  

 このサイトに関するお問合せは   

西部総合事務所日野振興センター日野振興局
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール : hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

夜間・休日のお問合せは          

0859-72-0321(代表)

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000