健康政策課のホームページ

慢性腎臓病(CKD)対策・減塩教育スキルアップ研修会

 慢性腎臓病(CKD)の発症やその進行には、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の関連性が強く、食塩の過剰摂取などの食生活も大きく関係しています。CKDを早期発見することに加え、重症化予防を図るためには、多機関、多職種の連携により、対象者が自己管理能力を高めることが重要です。
 今回は、県内の腎疾患に関する医療体制や、CKDの食事療法などについて学ぶ研修内容です。
 多くの方の参加をお待ちしています。

  

主催

鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課

内容

(1)講演「腎センターの役割と地域との連携」
   鳥取大学医学部附属病院 腎センター センター長 引田 克弥 氏

(2)講演「慢性腎臓病における食事療法の有効性と栄養指導の実際」
   神奈川工科大学健康医療科学部管理栄養学科 教授 菅野 丈夫 氏 

日時

 令和4年8月25日(木)午後1時30分から午後4時20分まで

 

開催方法

「Cisco Webex Meetings」を利用したオンライン研修

 以下のいずれかにより受講(参加申込時に選択)
  1)各参加者の所属パソコン等によるオンライン受講
  2)県庁議会棟3階第15会議室で受講

対象者

市町村や特定保健指導機関、保険組合等で糖尿病やCKD患者・予備群の方への保健指導・栄養指導、健康教室等に従事している者(保健師、看護師、管理栄養士、栄養士、その他関係者)

申込

とっとり電子申請サービス」の専用フォームに必要事項を入力の上、送信してください。

申込期限は8月12日(金)。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8726
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000