職員の研修制度

多彩な研修で職員のスキルアップを支援します!

新規採用職員もしっかりサポート!

 採用後すぐに行われる新規採用職員研修をはじめとして、随時行われる能力開発、職務能力向上のための研修、さらには通信教育などの自己啓発活動に係る制度があります。
 様々な研修を通して、一人一人の成長・活躍をサポートします!

  

新規採用職員研修

採用1年目には、鳥取県職員としての役割、必要となる知識やスキルを段階的に学んでいきます。

4月 基礎研修(7日間)

県職員として必要な基礎的な知識・実務などを習得します

6月 体験研修1 (1日)

県内視察、施設見学などを行います

10月 フォロー研修(2日間)

職場での実務経験を踏まえたフォローアップを行います

10~2月 体験研修2 (3日間)

民間企業・福祉施設等で随時職場体験研修を行います
  
【体験研修2の様子】
体験研修の写真3 体験研修の写真4
【体験研修1の様子】
体験研修の写真1 体験研修の様子
  
※2年目以降にも、段階に応じて必要な研修を数多く用意しています。
※研修日程や実施方法は変更となる場合があります。
  

職場でのサポート

 それぞれの配属先で、新規採用職員一人一人に先輩職員が新採OJT担当者・新採サポーターの2名体制で付き、実務を通した指導・日常生活やメンタル面のサポートを行います。
 もちろん職場全体でバックアップするので、安心して業務に取り組むことができます。

専門機関等での研修

 配属先や各職種に必要な業務に関する知識や能力を習得するため、庁内以外の各専門機関・団体等が実施する研修等にも、積極的に参加することができます。
  

自己啓発支援

 職員の自己啓発活動を支援するため、通信教育講座や放送大学の受講に係る案内、受講費用の助成などが行われています。
 
 法律、行政、経済分野やパソコン関係などの県職員としての業務に直結するもののほか、語学なども含めた様々な分野から興味のあるコースを選択することができます。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000