統計課のホームページ

1 自然動態

(1)自然動態の推移 -自然増加率は0.4ポイント低下して再びマイナスへ-

 昭和30年以降の出生率の推移をみると、昭和30年(19.4‰)から昭和45年(14.1‰)までは、昭和41年(ひのえうま)の後を除き低下傾向を示していた。その後、戦後のベビーブーム期(昭和22年~24年)に生まれた女性が出産期となった第2次ベビーブーム期(昭和46年~49年)を迎え、昭和47年には15.8‰にまで上昇した。しかし、その後は再び低下傾向を続けたが、平成9年には9.1‰となり前年と同率となった。
  一方、死亡率は昭和30年以降7.8‰から9.4‰の間を推移しており、平成9年は前年より0.4ポイント上昇して9.2‰となった。
 また、自然増加率は第2次ベビーブーム期には7.0‰を上回っていたが、その後は低下傾向にあり、平成7年には△0.1‰と、戦後はじめてマイナスに転じたが、平成8年には0.3‰と再びプラスに転じた。しかし、平成9年は前年に比べて出生率は同率だったものの、死亡率が0.4ポイント上昇したため、自然増加率は前年より0.4ポイント低下して△0.1‰となり、再びマイナスに転じた。

自然動態の推移

(2)出生数、死亡数

 平成9年中の出生数は5,592人(男2,855人、女2,737人)、死亡数は5,670人(男3,001人、女2,669人)であり、自然増加数は△78人(男△146人、女68人)となった。これを前年に比べると、出生数は22人減少し、死亡数は263人増加し、自然増加数は△285人の減少となった。

(3)出生率、死亡率

 平成9年の出生率、死亡率をみると、出生率9.1‰、死亡率9.2‰であり、自然増加率は△0.1‰であった。これを市町村別にみると、出生率が最も高いのは米子市(10.8‰)で、次いで鳥取市、羽合町となっており、逆に最も低いのは日南町(5.2‰)で、以下会見町、大山町となっている。また、死亡率が最も高いのは泊村(18.2‰)で、次いで日野町、江府町となっており、逆に最も低いのは鳥取市(7.2‰)で、以下日吉津村、郡家町となっている。

自然増加率・出生率・死亡率の状況

市町村別自然増加率

月別自然動態の推移

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000