統計課のホームページ

1 概況

 平成17年平均の鳥取市の消費者物価指数(平成12年=100)は、総合で97.9となり、前年平均(98.3)に比べ0.4%下落した。


鳥取市消費者物価指数の推移

▲トップに戻る

2 変動のあった主な費目

(1)上昇した主な費目 (2)下落した主な費目
 自動車等関係費

( 4.5%)

 野菜・海藻

( -5.9%)

 他の光熱

 (22.4%)

 通信

( -7.1%)

 肉類

 ( 1.8%)

 穀類

( -6.2%)

▲トップに戻る

3 鳥取市消費者物価指数の近年の動き

 平成6年から平成7年までは落ち着いた動きを見せていたが、平成8年は家賃の値上がりにより上昇し、平成9年は消費税率の引き上げなどによりさらに上昇した。その後、平成10年から平成11年までは落ち着いた動きを取り戻した。
 しかし、平成12年から家庭用耐久財、教養娯楽用耐久財などの値下がりにより持続的な下落傾向となり、平成15年から平成16年にかけては、さらに家賃の値下げがあり下落が続いた。
  平成17年は、平成16年高値だった野菜・海藻、穀類が安定したこと、また固定電話通信料の値下げがあったことにより0.4%の下落となった。平成12年から6年連続の下落が続いている。


鳥取市総合指数対前年上昇率の推移

▲トップに戻る

4 全国との比較

 鳥取市の総合指数は、97.9、全国の総合指数は97.8となった。
 対前年上昇率は、鳥取市が-0.4%、全国が-0.3%となった。
 費目別に上昇率を比較してみると、諸雑費以外はそれぞれ同じ動きをしている。
 全国に比べて変動の大きかった費目は、上昇は光熱・水道、交通・通信、下落は食料、住居、保健医療、教養娯楽である。


鳥取市及び全国の10大費目別指数

▲トップに戻る

5 月別指数の動き~対前年同月上昇率から~

 対前年同月上昇率は、1月から4月まで4か月連続(+)で推移したものの、5月以降は、8か月連続(-)で推移した。なお、対前年同月上昇率の(+)は、平成16年8月から続いており、9か月連続であった。
 1年を通しての上昇率は、5月で(+)から(-)に転じており、安定した天候による生鮮野菜・生鮮果物等の値下がりが影響している。


平成17年鳥取市総合指数及び対前年同月上昇率

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000