各種活動やイベント日程等

鳥取県立大山オオタカの森が自然共生サイトに認定されました!!

令和6年2月27日に「鳥取県立大山オオタカの森」が自然共生サイトに認定されました!

これを受けて令和6年3月21日に、環境省による認定証の授与式が鳥取県西部総合事務所で開催されました。

大山オオタカの森認定証授与式

写真1.「鳥取県立大山オオタカの森」自然共生サイト認定証授与式のようす。

 

鳥取県立大山オオタカの森は、オオタカの営巣地を守るため営巣地周辺の森を県が取得した大山北麓に位置する104ヘクタールの区域です。希少な野生動植物が生息することのできる豊かな自然環境を貴重な財産として将来に継承し、環境立県を目指す象徴として保全することを目的に管理をしています。

鳥取県立大山オオタカの森の保全に関する条例や大山隠岐国立公園の普通地域として安定的な保護が図られていることに加え、毎年の森林管理や大学等と連携した定期的なモニタリングが着実に実施され、これが今後も継続される可能性が高いことや、観察会等を通して地域に開かれた自然とのふれあいの場を提供していることなどで、高い価値が認められるとされ、自然共生サイトに認定されました。

営巣中のオオタカ

写真2.大山オオタカの森で営巣中のオオタカ。撮影:田中一郎氏(2021年6月1日)

 

➡環境省の自然共生サイトのページ(外部リンク)

➡環境省の鳥取県立大山オオタカの森紹介ページ(外部リンク)


生物多様性フォーラムを開催します《11月25日(土)於:鳥取砂丘コナン空港》

11月25日(土)鳥取砂丘コナン空港にて生物多様性フォーラムを開催します

全力!脱力タイムズなどTVコメンテーターとしてもおなじみの五箇公一(ごかこういち)先生が
生物多様性の異変と私たちの生活について熱く語られます!!!

五箇公一先生肖像

講演会のほか、鳥取県で認定された自然共生サイトの紹介や五箇先生も交えたパネルディスカッションもあります。
会場ではお子さんが楽しめるミニ水族館や工作コーナーもあります。
そのほか、レッドデータブックの生物標本、企業による展示ブースなど。
参加費はすべて無料、申し込み不要ですので、ご家族やお知り合いなどお誘いあわせておでかけください。お知り合いの方への拡散もよろしくお願いします!!

生物多様性フォーラムチラシ

チラシ (jpg:417KB)

30by30(サーティバイサーティとは)


とっとりエコフォーラムに出展しました!

「楽しく体験!みんなで学ぶ!エコスタイル とっとりエコフォーラム」が20221119日に米子のコンベンションセンターにて開催されました。

とっとり生物多様性推進センターも、生物とプラスチックの関係を示したパネル展示のほか、もりまきフィールドネットワークの桐原(きりはら)()()さんによるワークショップを行いました。

パネル展示ではオオサンショウウオやクジラの胃から出てきたプラスチック製品などの写真、プラスチックゴミに固着した生物などを写真で展示しました。

ワークショップでは、さまざまな生物標本に加えて、いきものもたくさん登場し子供たちも大喜びでした。

 生物多様性推進センターブースの様子

写真1.ブースには200名を超える方がご来場くださいました。

 オオサンショウウオパネル

写真2.オオサンショウウオの胃内容物調査ではプラスチックゴミが見つかっています。

クジラパネル

写真3.漂着したオウギハクジラの胃からもプラスチックゴミが見つかりました。

ビニールひもが使われた鳥の巣

写真4.巣材にビニールひもが使われた鳥の巣も展示しました。

ザリガニとのふれあい

ザリガニとのふれあい2

写真5、6.いきものとのふれあい方や体の仕組みなどを学んでとても楽しそうでした。


鳥取県の生物多様性に関するパネル展―南部町キナルなんぶにて―

とっとり生物多様性推進センターでは、鳥取県の生物多様性に関するパネル展を企画・開催しております。
2022年の初めは、南部町『キナルなんぶ』にて、県西部地域で活躍する自然保護団体の紹介を中心にパネル展を開催しています。
生物多様性の解説、県内で自然体験ができる施設の紹介やとっとり生物多様性推進センター、センター設立の根拠となる鳥取県生物多様性地域戦略などもあわせて展示しています。

今後も県内各所で巡回展示を行う予定です。展示情報はこのホームページ上でお知らせします。お近くで展示の際にはぜひご来場ください。
キナルなんぶ (南部町 外部リンク

 

≪会場の様子≫ 展示は2022年1月11日から2月9日まで。 

写真1.県内の自然保護団体の紹介パネル。