牛ノ戸焼

写真ギャラリー

※本ページの掲載内容の著作権は県に帰属します。

※本ページの掲載内容は、2022年3月時点のものです。

 

スポットの紹介

 江戸時代末期から続く牛ノ戸焼は梅文様の徳利など日用雑器を生産していました。今も代々受け継がれる登り窯や作業場など、窯元の佇まいが歴史を感じさせます。昭和6年(1931年)に四代目小林秀晴が民藝運動家・吉田璋也の指導を受け、現在も人気のロングセラー作品である、鳥取新作民藝を代表する緑と黒の染分皿を作り出しました。六代目孝男は七代目遼司と共に、牛ノ戸焼の伝統を守りつつ、現代の生活に合う食器や時計などのインテリアづくりにも取り組んでいます。

 

電話:0858-85-0655(訪問時は要予約)

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000