(定員に達しました)ワーケーション・コレクティブインパクト2022 in 鳥取

「ワーケーション・コレクティブインパクト2022in鳥取」につきましては、定員に達したため募集を締め切りました。お申込みありがとうございました。

ワーケーションコレクティブインパクト2022in鳥取

 ワーケーション自治体協議会(WAJ)と総務省は、(一社)日本経済団体連合会、(公社)日本観光振興協会等と連携し、テレワーク月間の周知活動の一環として、テレワーク・ワーケーションの一層の普及を促進することを目的として、「ワーケーション」という手段を活用しながらポストコロナ社会を見据えた議論を行う官民参加型のワーケーションツアー「ワーケーション・コレクティブインパクト(WCI)2022」を全国6地域で実施します。

 鳥取県では、“Web3.0(ウェブスリー)時代のデジタル関係人口の創出”をテーマに、ワーケーション環境の視察と地域人材との交流を含むプログラムを下記のとおり開催します。

 

   各地のイベント内容については日本観光振興協会のホームページをご覧ください(外部リンク) 

  

1.ワーケーション・コレクティブインパクト2022の概要

(1)主催

 ワーケーション自治体協議会、総務省
(2)共催
 一般社団法人日本経済団体連合会
 公益社団法人日本観光振興協会
 一般社団法人日本テレワーク協会
(3)協力
 株式会社パソナJOB HUB
(4)時期
 令和4年10月~11月のうち会場ごとに設定
(5)場所
 6地域(北海道、長野県、福井県、和歌山県、鳥取県、宮崎県日向市)
(6)参加対象者
 国家公務員、地方自治体職員、企業職員(それぞれ個人、チーム単位のいずれでも可)

2.鳥取県におけるイベントの内容(予定)

(1)日程

   令和4年11月16日(水)~18日(金)(2泊3日)
(2)テーマ

   Web3.0時代のデジタル関係人口の創出
   企業人材が場所や業種に捉われず関わることが可能なWeb3.0時代に、ブロックチェーン技術の活用を基盤とするNFT(非代替性トークン)やメタバース等のコンテンツ利用も視野にいれ、都市部企業と鳥取との関わり創出の可能性を探る。

(3)開催場所
   鳥取市、境港市、大山町

(4)参加費

   お一人様41,800円(税込)

(5)定員

   12名(定員に達し次第締め切ります)

(6)募集期間

   令和4年10月20日(木)午後5時まで

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 交流人口拡大本部 ふるさと人口政策課
   住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話 0857-26-75940857-26-7594     ファクシミリ  0857-26-8196
   E-mail  jinkouseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000