倉吉校の日々精進

2022年9月6日

プロに学べ!その3(総合実務科)

センター倉吉校は夏休みが明け、2学期の授業がスタートしています。

さて、今回は少しさかのぼって6月の清掃実習の様子です。

 

1“事務室の清掃 照下講師”

清掃の目的、作業者の心構え、道具の使い方を教わりました。

 照下講師

 

 ダスターモップの使い方      水拭きモップの使い方

     まず、ダスターモップでごみを取り…         水拭きモップで拭き上げます。

 

「誰にでも笑顔であいさつをする。苦手なこと(仕事)も負けずに続けてみる。そうすれば自分で自分の居場所をつくることができる。」  長く働くためのヒントもいただきました。

 

 

2“廊下・階段の清掃 大屋講師”

足元が不安定な階段、人通りが多い廊下の清掃方法を教わりました。

大屋先生と階段清掃

 

 天井と壁の清掃     ポリッシャー体験

  高い所のホコリやクモの巣をとるためのモップです。  ポリッシャー(床磨き機)の体験。おっとっとー!

 

「どんな仕事も心を込めること。そして道具を正しく、かっこよく使おう。」

なるほど…。商業施設や市役所などで清掃している人を見かけますよね。みなさんスムーズに、てきぱきと仕事をしておられます。建物の利用者やお客様がいる中での作業。清掃はサービス業なんですね。

 

 

3“トイレ・洗面所の清掃 大島講師”

「混ぜるな危険」の意味を知りました。酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜてはいけません!

大島講師

 

 便器の磨きすぎはキズのもと  和式便器掃除  小便器掃除

便器のこすりすぎがキズをつける原因になること、洋式便器の便ぶたの役割など、知らないことばかり…。

「なるほど~」の連続でした。

 

トイレや洗面所って、汚物を取り除く、水を使う、薬品をあつかうなど、教室や廊下とは違ってちょっと特殊な場所です。でも清掃するために資格や免許がいるわけではないので、誰にでもできる場所でもあります。

今まで自己流でやってきた私たちですが、今日教わった清掃のコツや注意点を忘れず、レベルアップしたトイレ清掃を目指します。

 

 

4“窓ガラス清掃 松本講師”

ゴム刃のついたウインドウスクイジーでガラス面を清掃します。

まずはホワイトボードをガラスに見立てて練習します。

松本講師

 

 窓ガラス清掃  高所窓の清掃  サッシの清掃

しばらく練習していくと、スクイジーの角度や力加減に慣れてきました。

おお!シュッと引いただけでガラス面がピカピカに!外の景色もよく見えます。

最後に、サッシやレールの汚れをタオルとブラシで地道に落としていきます。

 

さて、夏休みが明けて気が付きましたか?

“教室や廊下の床にワックスがかかっている” “窓ガラスがピカピカになっている” 

これらは清掃業者の方が夏休み中に作業されたからです。建物がきれいだと気持ちがいいですね。

今度は私たちが1学期に教わった知識と技を使って日常的に清掃をし、このきれいさを保っていきます。

 

 

2022/09/06 in 総合実務科

<2022年12月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

最後に本ページの担当課    産業人材育成センター倉吉校
    住所 〒682-0018
             鳥取県倉吉市福庭町二丁目1番地
    電話  0858-26-22470858-26-2247    
    ファクシミリ  0858-26-2248
    E-mail  sangyoujinzai-center@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000