活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2022年8月10日

令和4年度第1回新鳥取県史を活用したデジタル郷土学習教材開発検討会議を開催しました。

 令和4年8月5日(金)、公文書館会議室にて、令和4年度第1回新鳥取県史を活用したデジタル郷土学習教材開発検討会議を開催しました。
 今回は横山順一鳥取県教育センターGIGAスクール推進課長から「鳥取県におけるICT教育の取組の現状」をお話いただいた後、事務局より昨年度の実績等、事業説明を行い、その後、本年度公開する教材について活発な意見交換を行いました。
 引き続き、教育委員会や学校現場の先生方との連携を密にしながら、教材内容の一層の充実を図っていきたいと思います。

【学習教材開発検討会議委員】(敬称略)
 岡村 吉彦 鳥取県立鳥取東高等学校 教諭(座長)
 小山富見男 元鳥取敬愛高等学校校長、鳥取大学非常勤講師
 吉田 学  鳥取県立青谷高等学校 教諭
 前田 孝行 鳥取県立鳥取西高等学校 教諭
 花原 慧史 鳥取市立湖東中学校 教諭
 横山 順一 鳥取県教育センターGIGAスクール推進課長(アドバイザー)
 奥田 信行 鳥取県教育委員会高等学校課 指導主事(オブザーバー) 

 *今回、前田委員、花原委員、奥田指導主事は欠席。

会議写真
検討会議の様子

公文書館 2022/08/10 in 会議など,県史活用担当

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000