県政トピックス/子宮頸がん、ワクチンで予防

女性の命と未来を守る ~子宮(けい)がん、ワクチンで予防~

  12歳から16歳の女性を対象に、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨が再開されました。年間1万人以上が罹患(りかん)し、約3千人の女性が亡くなっている子宮頸がん。ワクチンで守れる命があります。
  子宮頸がんの発生には「ヒトパピローマウイルス」が関係しており、感染を防ぐワクチンによって原因の50%から70%を予防することが可能。世界100カ国以上で公的なワクチン接種が行われ、高い効果が認められています。
  日本では接種後の副反応の情報を整理するため、2013年から積極勧奨が停止されていましたが、最新の知見を基に安全性・有効性を改めて確認。積極勧奨の再開と併せて、接種機会を逃した人を救済する「キャッチアップ接種」の実施が決定されました。
  対象者には順次市町村から案内が送付されます。命と未来を守るため、ぜひ接種を検討してください。

接種の対象となる人

  ヒトパピローマウイルスの感染を効果的に予防するため、公費(無料)接種は10歳代前半の女性を対象としています。
  接種の詳細は、市町村からの案内を確認してください。
対象者 小学6年生から高校1年生相当の女性  接種期間 対象年齢の期間
対象者 【キャッチアップ接種】1997年度生まれから2005年度生まれの女性  接種期間 2025年3月まで

検診も忘れずに

  子宮頸がんは多くの場合、早期発見・早期治療によって治すことができる病気です。ワクチン接種の有無にかかわらず、20歳代から定期的に検診を受けましょう。

【問い合わせ先】 県庁健康政策課
電話 0857‐26‐7153 ファクシミリ 0857‐26‐8143
メールアドレス kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp



← 前のページへ    次のページへ →


最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 広報課
    住所  〒680-8570
                 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70200857-26-7020
         ファクシミリ  0857-26-8122
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000