【12月17日(土)開催】起業家と投資家視点で考えるD2Cスタートアップの最前線

起業家と投資家視点で考えるD2Cスタートアップの最前線 

 成長性の高いビジネスの創出・成長支援の一環として、松江商工会議所等と連携し、ベンチャー企業向けの投資業務を行う投資家等をお招きする、県域を跨いだ連携セミナーを実施します。

 本イベントは来年2~3月に実施する、鳥取・島根両県のベンチャーが一同に会する対決型プレゼンイベント「The Birth(ザ・バース)」のプレイベントとして実施します。

  

参加申込(外部リンク)

参加申込はこちら 

  

イベント概要

概要

 これまでベンチャービジネスの世界では、IT技術や大学等の研究開発を基盤とする企業が中心であったが、現在、Eコマースによる販売活動やユーザーデータの活用をはじめとしたデジタル戦略によって、急成長を遂げるものづくり系ベンチャー企業「D2Cスタートアップ」が現れてきており、市場でも注目を集めている。

 そこで今回、食品加工をはじめとするものづくりに強みを持つ企業が多い山陰地方において、全国各地でベンチャー向け投資活動を進めるベンチャー投資家を招き、「D2C」戦略を通じた事業成長を具体的に進めるための手法や最新の市場トレンドなどの情報を提供する。

※D2Cとは?

メーカーが中間流通を介さず、商品を直接消費者に販売するビジネス戦略。SNSや自社メディアを通じてブランドの世界観を訴求することによるユーザーコミュニティの形成や、データ活用による商品・サービスの継続的なブラッシュアップ、ユーザーごとにカスタマイズされた商品・サービスの提供等が特徴。

実施日時

令和41217日(土)午後4時~730

<内容>

(1)パネルディスカッション 午後4時~6

  テーマ1「D2Cビジネスモデルの最前線」、テーマ2「地方発スタートアップとの親和性」

(2)交流会 午後6時~730

場所

米子市文化ホール イベントホール(米子市末広町293)

定員

50名

  

スピーカー(登壇者)

今西 良太(いまにし りょうた) D2C&Co.株式会社(丸井グループ) 共創投資担当

岸 裕一郎(きし ゆういちろう) 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス CVC担当

大久保 遼(おおくぼ りょう)株式会社ライスカレー 代表取締役CEO

井上 豊望己(いのうえ ともお)トリプルイー株式会社 代表取締役CEO

  

主催

鳥取県、松江商工会議所、一般社団法人KSJパートナーズ(協力:株式会社シーセブンハヤブサ)

  

お問い合わせ

鳥取県商工労働部産業未来創造課 兵江(ひょうえ)
〒680-8570 鳥取市東町一丁目220番地
電話    0857-26-7246  
ファクシミリ 0857-26-8117
E-mail    sangyoumirai@pref.tottori.lg.jp
  

とっとり産業支援ナビへ

企業支援ガイドブック

企業支援ガイドブックへ

企業BCP支援「トリB」

トリB

商工労働部公式Facebook

商工労働部公式YouTube


最後に本ページの担当課   鳥取県商工労働部産業未来創造課
 住所 〒680-8570
     鳥取県鳥取市東町1丁目220
 電話 0857-26-7246  ファクシミリ 0857-26-8117
 E-mail sangyoumirai@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000