令和4年度鳥取県非住宅木造建築拡大推進事業の御案内

本事業は、県産材を使った民間における非住宅建築物の木造化、内外装木質化等を支援し、県産材の利用促進を図ることを目的として交付します。
  

とっとりの木でとっとりの建築物を

鳥取の木で非住宅を建てることで次のようなメリットがあります。

環境にやさしい行動です。

製材で消費するエネルギー量は、鉄の1/40と格段に少ない消費量です。また、県内で鳥取県産材を使えば、輸送過程で排出される二酸化炭素の排出量が少なくなります。

地域の森林が守られます。

鳥取県産材を使うことで、間伐などの森林整備が進み、地域の森林を守ることにつながります。

地域産業の活性化に貢献します。

鳥取県産材を使うことは、地場の林業や木材産業、建築関連産業等の地域産業の活性化にも大きく貢献します。

  

1 事業の内容

(1)県産材を構造材に10m3以上使用する非住宅の新築等をする者に県産材の材料代に係る経費を補助(県単独事業)

補助単価4.5万円/m3 補助上限額135万円/m3/件(最大30m3まで)

(2)県産材0.05m3以上を使用する非住宅の内外装木質化又は什器を製作等する者に県産材使用に係る経費を補助(国費を含む事業)

補助率1/3、上限事業費200万円/件(補助上限額約66万円/

(木育スペース設置の場合は、補助率1/2、県産木製おもちゃも補助対象)

(1)と(2)は原則併用不可(建築物木材利用促進協定を締結している場合を除く。)

2 支援対象

建築主、設計者、施工者
なお、設計者、施工者が申請する場合は、様式第7号により、建築主の承諾を得てください。

(建築主が国、県、市町村の場合及び住宅は補助対象外になります。)

3 採択要件

・当該建築物の県産材活用に係る広報(写真の提供、ホームページ掲載等)、とっとりカーボンストレージの認証に係る申請、その他県産材の普及活動に協力すること。
・県内建築業者が建築基準法等関係法令を遵守し施工されたものであること。
・実施計画の承認を受けてから着手(木材の発注)するものであること。

・木造化の場合、玄関、エントランスホール、受付等県⺠の目に触れやすい部分において、県産材による構造材現し又は内外装木質化等に努めること。

※他の補助金と併用の可否については、御相談ください。

4 募集期間

令和5年2月14日まで(予算の範囲内)

募集期間は予算の状況により前倒しで終了する場合があります。

補助事業者に実施計画申請書、実施計画書を提出し、承認を受けてください。

5 申請窓口(補助事業者)

本事業の申請先は、以下の団体(補助事業者)になります。国庫補助事業であるJAS構造材実証支援事業の併用の有無により、申請窓口が変わります。

(1)JAS構造材実証支援事業併用あり 鳥取県木材協同組合連合会

電話0858-71-0524

鳥取県木材協同組合連合会ホームページ(外部ページへ移動します。)

JAS構造材実証支援事業(国庫補助事業)の詳細(外部ページに移動します)

(2)JAS構造材実証支援事業併用なし 一般社団法人鳥取県木造住宅推進協議会

(電話0857-30-0278)

一般社団法人鳥取県木造住宅推進協議会ホームページ(外部ページに移動します。)

6 事業の流れ

(1)実施計画書を提出し、補助事業者(申請窓口)の承認を受けてから、事業を開始(木材の発注)します。

(2)計画承認通知に記載された期限までに交付申請書を提出し、交付決定を受けます。

(3)事業完了後30日以内に、実績報告書を提出します。内容を審査、額を確定し、補助金を支払います。

7 県交付要綱、チラシ等

8 申請様式

  

最後に本ページの担当課    鳥取県農林水産部 森林・林業振興局 県産材・林産振興課
    住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話   0857-26-73020857-26-7302    
    ファクシミリ  0857-26-8192
   E-mail  kensanzai-rinsan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000